読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

成田市バージョンアップ計画2号

成田市の市政のバージョンアップを図ることを目的とする。まずは、住民訴訟。また、他の自治体の住民訴訟も取り上げる予定

成田市の大学誘致の経緯について(平成25年1月から12月まで)

平成25年 1月 ・(5日時間不明)副市長及び企画政策部長が国際医療福祉大学関係者と市内で会食 4月 ・(2日)「AERA 医学部誘致に関するアンケート」に回答 ・(4日時間不明)副市長、企画政策部長、企画政策課長らが国際医療福祉大学関係者と市内で会食 5月…

看護学部等及び医学部の各土地等に関する住民監査請求の結果

住民訴訟の前段階となる住民監査請求の結果が成田市監査委員事務局のHPに掲載されていたので、そのリンク先を紹介いたします。新聞の記事よりも詳細な内容が分かります。 ①看護学部等に関する住民監査請求 ②医学部に関する住民監査請求 なぜかどちらもワー…

成田市の大学誘致の経緯についての補足

当初、成田市は誘致候補として国際医療福祉大学を含め7大学と意見交換をしていたようだが、そのうち4大学とは話が進まなかったようで、結局国際医療福祉大学、関西のある大学(?)と千葉県内の大学(?)の3大学に絞られたようである。しかし、国際医療福祉…

成田市の大学誘致の経緯について(平成24年3月から12月まで)

平成24年3月 ・(28日11時)副市長、企画政策部長らがある大学関係者と市内で会食 平成24年5月 ・(15日18時)市長、副市長、企画政策部長らが国際医療福祉大学関係者と会食 ・(23日18時)副市長、企画政策部長らがある大学関係者と市内で会食 平成24年6月 …

成田市の大学誘致の経緯について(平成22年12月から平成24年2月まで)

地方都市などが地域活性化策として、大学を誘致しようとするケースが多いようですので、ここで成田市が国際医療福祉大学を誘致することとなった経緯を時系列で紹介したいと思います。 平成19年頃 ・成田市が畑ヶ田の土地(後に附属病院の敷地となる土地)に…

今治市の国家戦略特区に関するホームページ

今治市の国家戦略特区に関するホームページは下記の通り。 http://www.city.imabari.ehime.jp/kikaku/kokkasenryaku_tokku/ 時系列で並んでいるので、物事の経過の整理にはいいかも。

愛媛県今治市の皆さんへ

つい数日前まで、愛媛県今治市で特区で大学誘致が進んでいることを全く知りませんでした。 そして、私たちが恐れていたこと-それは成田市の大学誘致が他の自治体で一例として利用されること-が実際に今治市で生じてしまったようであることに関して、とても悲…

成田市に国際医療福祉大学医学部が出来るまでの経緯

成田市に国際医療福祉大学医学部が出来るまでの経緯は下記の成田市のホームページでご確認下さい。 https://www.city.narita.chiba.jp/sisei/sosiki/tokku/std0006.html

住民訴訟で分かったこと

平成26年2月頃に成田市が誘致する大学のキャンパス用地としての候補地を情報公開請求したら、「成田市が大学誘致に関して、大学キャンパス用地として候補地とした場所を記載した書面は作成しておらず不存在」という回答があった。 それでは、現在国際医療福…

医学部の土地に関する住民訴訟

すっかりさぼってしまっている当ブログ。少しずつ再開します。 成田市が京成電鉄から購入した土地を国際医療福祉大学医学部の校舎敷地として、学校法人国際医療福祉大学に無償で貸与したことを違法として、昨年12月6日に千葉地裁に住民訴訟を起こした。 同日…

Day 5及び6

今日も特になし。当分の間、動きはないため、本日は原告代理人を紹介します。次の3名になります。水野泰孝法律事務所の水野泰孝弁護士及び加藤由利子弁護士並びに早稲田リーガルコモンズ法律事務所の尾谷恒治弁護士です。 渋谷区恵比寿の法律事務所|水野泰…

テレビと新聞での住民訴訟の取り扱い

前日は住民訴訟を提起後に、千葉県庁本庁にて午後1時半過ぎから記者会見を行ったので、果たして、何社が翌日の朝刊に掲載してくれるのか心配だった。しかし、それは杞憂に過ぎなかった。25日の夜、チバテレビの21時半からのニュース番組の冒頭のニュースとし…

住民訴訟提訴

2015年2月25日付で千葉地方裁判所にて、成田市に対する住民訴訟を起こした。詳細は2月26日の千葉日報、毎日新聞又は読売新聞を見てください。特に千葉日報はかなり大きな取扱いです。千葉日報http://www.chibanippo.co.jp/news/national/242823