成田市バージョンアップ計画2号

成田市の市政のバージョンアップを図ることを目的とする。まずは、住民訴訟。また、他の自治体の住民訴訟も取り上げる予定

証人尋問決定へ

先日行われた看護学部等関連の住民訴訟と医学部の土地関連の住民訴訟の裁判期日において、証人尋問が行われることが決定した。 少なくとも被告成田市が証人申請した髙橋氏は証人尋問される予定。証人尋問は来年1月頃と見込まれている。 髙橋氏以外にも証人尋…

成田市の大学誘致の経緯について(平成27年4月)

(都合につき、平成26年5月から平成27年3月までは後日記載する予定です) 平成27年 4月 1日 国家戦略特区推進支援業務を、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社に委託。委託料2400万円。 27日 医学部用地予定の公津の杜駅前用地(5筆)の不動産鑑定。…

週刊金曜日9月15日号の記事

9月15日発売の週刊金曜日にも成田市の大学誘致に関する記事が掲載されている。 今回の内容は、大学誘致による経済波及効果を検証している。 検証に際して、大阪府高槻市が関西大学高槻キャンパスを誘致した際に算出した経済効果と比較している。 とても興味…

週刊金曜日8月4日11日合併号及び9月1日号について

週刊金曜日8月4日・11日合併号では、私たちの3本の住民訴訟について書かれていますので、それらの住民訴訟に関心のある方は是非お読みください。 また、昨日発売された9月1日号では、医学部の専任教員の数などにふれられています。

週刊金曜日7月28日号を読んで思ったこと

週刊金曜日7月28日号では、市と大学(国際医療福祉大学以外の大学も含む)との会食が12回、その総費用が約83万円(1回あたり約7万円)、全て成田市の支払いであることが書かれていて、恐らく、その12回の会食に関する領収書等があるのだろう。 地方自治体が…

週刊金曜日7月28日号をお読みください!

明日発売の週刊金曜日は成田市の大学誘致事業に関する特集があります。表紙が医学部の校舎ですから、分かりやすいと思います。 なお、週刊金曜日7月14日号にも成田市の大学誘致事業関連の記事がありますので、あわせてお読みください。 週刊金曜日のリンク h…

成田市の大学誘致の経緯について(平成26年1月から4月まで)

平成26年 3月 (5日)大学誘致調査特別委員会 (20日)成田市議会の本会議 4月 (14日)安倍晋三内閣総理大臣から成田市長あての平成26年4月11日付「国家戦略特別区域及び区域方針(案)について(意見聴取)」との書面が届く。この意見聴取は下記の法律が根…

3回目の住民訴訟(附属病院の土地関連)について

3回目の住民訴訟の内容について、原告が提訴前日の19日に報道関係者宛に配布したプレスリリースから引用しながら、お知らせします。下記のとおり、問題点として2点あります。 1 土地の無償貸与をめぐる問題 学校法人国際医療福祉大学(以下「大学」)は、附…

3回目の住民訴訟

6月20日に千葉地裁に3回目の住民訴訟を提訴しました。その記者会見の様子は下記の千葉テレビさんをご参照ください。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00010014-chibatelev-soci

成田市の成田看護学部等の建設時の効果について

平成27年8月21日開催の医学部設置に関する特別委員会 の議事録に成田市の成田看護学部等の建設時の効果について言及されている箇所がありますので、紹介いたします。 ◆委員(油田清君) そうですよね。そうしますと、市がつくった経済効果で、これ医学…

平成25年9月11日の国家戦略特区ワーキンググループ提案に関するヒアリングの議事概要

成田市と国際医療福祉大学が共同提出した国際医療学園都市構想に関する平成25年9月11日に行われた国家戦略特区ワーキンググループ提案に関するヒアリングの議事概要は下記のとおり。 www.kantei.go.jp 国家戦略特区ワーキンググループ提案に関するヒアリング…

成田市の住民訴訟その1

現在、成田市に対する住民訴訟は2つ行われている。1つは成田看護学部及び成田保健医療学部の土地等に関するもの、もう1つは医学部の土地等に関するものです。 ここでは、1つ目の住民訴訟の主な請求内容を紹介します。 その1:成田市が国際医療福祉大学…

今治市での住民監査請求についてのコメント

学校法人加計学園が愛媛県今治市に開設予定の獣医学部に対する土地の無償譲渡等に関して住民監査請求が行われたようだ。 愛媛新聞の記事 ehime-np.co.jp 上記の愛媛新聞を読むと大学に対する補助が「不当」ということで監査請求を行ったようであるので、今回…

成田市の大学誘致の経緯について(平成25年1月から12月まで)

※赤字は更新箇所(6月13日) 平成25年 1月 ・(5日時間不明)副市長及び企画政策部長が国際医療福祉大学関係者と市内で会食 ・(15日)大学キャンパス用地の地区計画変更手続き開始(地区計画の変更に係る原案を縦覧) ※この地区計画が変更されると、共同住…

看護学部等及び医学部の各土地等に関する住民監査請求の結果

住民訴訟の前段階となる住民監査請求の結果が成田市監査委員事務局のHPに掲載されていたので、そのリンク先を紹介いたします。新聞の記事よりも詳細な内容が分かります。 ①看護学部等に関する住民監査請求 ②医学部に関する住民監査請求 なぜかどちらもワー…

成田市の大学誘致の経緯についての補足

当初、成田市は誘致候補として国際医療福祉大学を含め7大学と意見交換をしていたようだが、そのうち4大学とは話が進まなかったようで、結局国際医療福祉大学、関西のある大学(?)と千葉県内の大学(?)の3大学に絞られたようである。しかし、国際医療福祉…

成田市の大学誘致の経緯について(平成24年3月から12月まで)

平成24年3月 ・(28日11時)副市長、企画政策部長らがある大学関係者と市内で会食 平成24年5月 ・(15日18時)市長、副市長、企画政策部長らが国際医療福祉大学関係者と会食 ・(23日18時)副市長、企画政策部長らがある大学関係者と市内で会食 平成24年6月 …

成田市の大学誘致の経緯について(平成22年12月から平成24年2月まで)

地方都市などが地域活性化策として、大学を誘致しようとするケースが多いようですので、ここで成田市が国際医療福祉大学を誘致することとなった経緯を時系列で紹介したいと思います。 平成19年頃 ・成田市が畑ヶ田の土地(後に附属病院の敷地となる土地)に…

今治市の国家戦略特区に関するホームページ

今治市の国家戦略特区に関するホームページは下記の通り。 http://www.city.imabari.ehime.jp/kikaku/kokkasenryaku_tokku/ 時系列で並んでいるので、物事の経過の整理にはいいかも。

愛媛県今治市の皆さんへ

つい数日前まで、愛媛県今治市で特区で大学誘致が進んでいることを全く知りませんでした。 そして、私たちが恐れていたこと-それは成田市の大学誘致が他の自治体で一例として利用されること-が実際に今治市で生じてしまったようであることに関して、とても悲…

成田市に国際医療福祉大学医学部が出来るまでの経緯

成田市に国際医療福祉大学医学部が出来るまでの経緯は下記の成田市のホームページでご確認下さい。 https://www.city.narita.chiba.jp/sisei/sosiki/tokku/std0006.html

住民訴訟で分かったこと

平成26年2月頃に成田市が誘致する大学のキャンパス用地としての候補地を情報公開請求したら、「成田市が大学誘致に関して、大学キャンパス用地として候補地とした場所を記載した書面は作成しておらず不存在」という回答があった。 それでは、現在国際医療福…

医学部の土地に関する住民訴訟

すっかりさぼってしまっている当ブログ。少しずつ再開します。 成田市が京成電鉄から購入した土地を国際医療福祉大学医学部の校舎敷地として、学校法人国際医療福祉大学に無償で貸与したことを違法として、昨年12月6日に千葉地裁に住民訴訟を起こした。 同日…

Day 5及び6

今日も特になし。当分の間、動きはないため、本日は原告代理人を紹介します。次の3名になります。水野泰孝法律事務所の水野泰孝弁護士及び加藤由利子弁護士並びに早稲田リーガルコモンズ法律事務所の尾谷恒治弁護士です。 渋谷区恵比寿の法律事務所|水野泰…

テレビと新聞での住民訴訟の取り扱い

前日は住民訴訟を提起後に、千葉県庁本庁にて午後1時半過ぎから記者会見を行ったので、果たして、何社が翌日の朝刊に掲載してくれるのか心配だった。しかし、それは杞憂に過ぎなかった。25日の夜、チバテレビの21時半からのニュース番組の冒頭のニュースとし…

住民訴訟提訴

2015年2月25日付で千葉地方裁判所にて、成田市に対する住民訴訟を起こした。詳細は2月26日の千葉日報、毎日新聞又は読売新聞を見てください。特に千葉日報はかなり大きな取扱いです。千葉日報http://www.chibanippo.co.jp/news/national/242823