読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

成田市バージョンアップ計画2号

成田市の市政のバージョンアップを図ることを目的とする。まずは、住民訴訟。また、他の自治体の住民訴訟も取り上げる予定

成田市の大学誘致の経緯について(平成25年1月から12月まで)

平成25年

1月

・(5日時間不明)副市長及び企画政策部長が国際医療福祉大学関係者と市内で会食

 

4月

・(2日)「AERA 医学部誘致に関するアンケート」に回答

・(4日時間不明)副市長、企画政策部長、企画政策課長らが国際医療福祉大学関係者と市内で会食

 

5月

・副市長、企画政策部長、企画政策課長らがある大学関係者と市内で会食(時間不明)

 

6月

成田市が土地の所有者(法人)に土地の不動産鑑定資料の提供を依頼(なぜか看護学部及び保健医療学部の土地だけでなく、その隣の医学部の土地に関しても資料請求。なお、当時は医学部に関する具体的な話はない)。

 

7月

成田市が土地の所有者に対して、看護学部及び保健医療学部の土地の購入価格を20億3800万円としたいとの申入れを行う。実際の購入価格も20億3800万円。

 

8月

・(5日時間不明)市長、副市長、企画政策部長らがある大学関係者と市内で会食

・(20日時間不明)市長、副市長、企画政策部長らが国際医療福祉大学関係者と市内で会食

・(22日及び23日)大学誘致に係る意見交換(関西のある大学まで行く。1泊2日)

※この頃、新聞で報道される。

 

9月

・(26日19時)大学誘致に係る住民説明会(場所は市内のもりんぴあ)

・候補大学3校のうちの1校からの手紙(成田市が意向調査を行う前から声をかけていたらしい大学)

 

10月

パブリックコメント実施(期間:1日から20日まで)

成田市にはパブリックコメント条例がないため、パブリックコメント要綱に基づき実施。

・土地のボーリング調査及び測量協力依頼(成田市が土地の所有者に対して、国際医療福祉大学による土地の調査及び測量への協力を依頼)

 

11月

パブリックコメント結果の公表

・土地取得に係る書面による庁議(株式会社で言えば取締役会決議のようなもの)

 

12月

・(3日)成田市と土地の所有者との間で土地売買契約締結

・(19日)市議会で土地売買契約及び土地使用貸借契約(30年間)の締結承認

成田市は、国際医療福祉大学看護学部及び保健医療学部のために、土地を20億3800万円で購入し、その土地を30年間無償貸与することとなった。