成田市バージョンアップ計画2号

成田市の市政のバージョンアップを図ることを目的とする。まずは、住民訴訟。また、他の自治体の住民訴訟も取り上げる予定

成田市の大学誘致の経緯について(平成27年4月から9月まで)

(都合につき、平成26年5月から平成27年3月までは後日記載する予定です)

 

平成27年

4月

(1日)国家戦略特区推進支援業務を、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社に委託。委託料2400万円。

 

(27日)医学部の土地(公津の杜4-2-1など計5筆)の不動産鑑定を行うことを決定。

鑑定依頼先は大木不動産鑑定士事務所、鑑定料は64万8000円

※この医学部の土地の不動産鑑定は2年前に1回行っているので2回目。言うまでもありませんが2回とも税金です。。

 

8月

(7日)成田市が医学部の土地の所有者に対して、譲渡価格決定の参考とするため、その所有者が行った不動産鑑定関連の資料の提出を求める。

 

(12日)医学部の土地の所有者から上記で求められた資料の提供がある。

 
9月

(11日)成田市が医学部の土地の所有者に対して、22億7600万円で医学部の土地を譲渡するよう申し入れ。なお、譲渡時期については、9月開催の市議会で譲渡価格の承認が得られた後とするとされている。

 

(14日)成田市役所で国際医療福祉大学と印旛市郡医師会との意見交換会を28日に行うため、医師会に参加依頼の書面を送ることを決定

※開催の有無や医師会側の出席者は不明。また、なぜ成田市が仲介をしているのかも不明。