成田市バージョンアップ計画2号

成田市の市政のバージョンアップを図ることを目的とする。まずは、住民訴訟。

証人尋問パート2〉4月17日午後1時半

先週9日に行われた証人尋問の結果、4月17日午後1時半から再度証人尋問が行われることになった。

 

9日の証人尋問では、平成25年に成田市京成電鉄から大学用地として公津の杜駅前の土地を購入するための交渉を行っていたが、その際、その土地の購入の交渉には、都市部長が重要な関与していた可能性が出てきたため、その当時の成田市の都市部長から話を聞くことになった。その元部長は県から出向で来ていた人で、現在は県に戻り、出先機関にあるらしい。

 

県の職員のため、裁判所からの呼び出し状に対して、応じないという可能性もあるらしいが、公務員のため、その可能性は低いのではと推測している。

 

成田市は元部長が県の職員だからか、証人尋問に消極的であった。

 

もし元部長からの話だけでは分からないとなると、、、。