成田市バージョンアップ計画2号

成田市の市政のバージョンアップを図ることを目的とする。まずは、住民訴訟。

成田市の大学等に対する補助金などについて

備忘録として、成田市国際医療福祉大学に対して交付した補助金等について、下記にまとめます。

 

看護学部及び保健医療学部関連

・土地購入費用:20億3800万円(京成電鉄より購入。面積は1万2700平方メートル)

・土地使用料:30年間無償(20年毎自動更新)

 ※基本的に大学として使用する限り、無償で使用し続けることが可能

・校舎建設補助金:30億円

この他、千葉県から看護学部関連で約1億円の補助金が交付されている。

 

②医学部関連

・土地購入費用:22億7600万円(京成電鉄より購入。面積は1万4800平方メートル)

・土地使用料:30年間無償(20年毎自動更新)

 ※基本的に大学として使用する限り、無償で使用し続けることが可能

・校舎建設及び設備費補助金:45億円(3年間で分割交付予定)

この他、千葉県から校舎建設補助金として35億円の補助金が3年間で分割交付予定

 

③医学部附属病院関連

・土地購入費用:数億円

 ※附属病院は市有地に建設予定であるが、駐車場スペース等として個人から購入

・土地造成費用:数億円

 ※市有地及び新たに購入した土地の造成費用

・土地使用料:30年間無償(20年毎自動更新)

 

一般社団法人成田国際医療都市機構関連

※この法人は、①成田市から国際医療福祉大学が借りた土地を同大学から転借し、②その土地上に附属病院を建設し、③その病院を大学に有償で貸付け、④その賃料で附属病院建設費用の返済を行う。

 

成田市から2億円の出資

成田市は出資にあたり、法人の貸借対照表や事業計画書を得ていないとのこと。

・職員1名を法人の理事として派遣。

 

成田市は2億円の出資及び職員の派遣をしているにもかかわらず、附属病院建設費用の返済方法について明確に把握していないそうだ。